TTEdit Tips(テクニック集)


No.1
ユニコードコンソーシアム(The Unicode Consortium)で公開されているUnicode 文字一覧 PDFを元にグリフ(字形)を作成する方法


https://unicode.org/ではUnicode文字一覧をPDFで公開しており、個々のグリフ(字形)が記載されています。それを元に、TTEditに取り込んでグリフを簡単に作成する方法です。

なお、ここではWindows10を使っていることとしています。

  1. 予め、Unicode文字一覧PDF CodeCharts.pdf をダウンロードしておきます。
    Unicode 12.0 用は
    https://www.unicode.org/Public/12.0.0/charts/CodeCharts.pdf
    からダウンロードできます。このリンクを右クリックし「対象をファイルに保存」または「名前を付けてリンク先を保存」でダウンロードしてください。サイズが107MBもありますのでご注意ください。
  2. ダウンロードしたCodeCharts.pdfをAdobe Acrobat Reader DCで表示します。
  3. 取り込みたいグリフ(字形)が表示されているページを表示します。
  4. Adobe Acrobat Reader DCのメニュー[表示]→[ズーム]→[マーキーズーム]を選びます。
  5. マウスカーソルがプラス記号(+)付きの虫眼鏡になるので、取り込みたいグリフ部分だけを囲むようにドラッグし、そこを拡大表示します。
  6. [Windows]+[Shift]+[S]キーを押します。そうすると、画面全体が黒くなりますので、キャプチャーしたい文字の左上でクリックしてそのままドラッグし、文字の右下でマウスのボタンを離します。そうすると、その領域がビットマップ形式でクリップボードにコピーされます。
    これはWindows10の機能ですので、他のOSを使っている場合は[PrintScrn]キーなどを利用してコピーしペイントソフトなどに貼付けてからグリフ部分だけを選択し、クリップボードにコピーしてください。
  7. TTEditの編集画面で、メニュー[編集]→[貼り付け] を行えば、クリップボード内のビットマップがトレースされて、TTEditの編集画面にグリフとして作成されます。
    なお、これはメニュー[ファイル]→[インポート]→[ビットマップファイル...]と同じで、ビットマップからの輪郭抽出ウィンドウにおける「オプション」の設定がそのまま使われますのでご注意ください。

本文 | ダウンロード | ご購入 | アップデート内容 | Q&A | Tips | 追加用プラグインフィルタ | IPAmj明朝互換フォント | ビットマップ付フォント | 外字領域付フォント | 基本多言語面フォント | CJK統合漢字拡張Bフォント | IVS対応フォント | 第2の外字ファイル | SDK | マクロ | マニュアルのビデオ | 問い合わせ

Copyright © 2015 Musashi System Inc. All Rights Reserved.