OTEdit 用「MS P明朝」互換フォント作成ファイル

概要

ここで公開しているファイルはOTEdit でMS P明朝(Version 5.30、Windows10搭載のフォント)と同じ文字コードに作成するためのファイルです。

ひらがななどで横書き時の文字幅や縦書き時の文字高さを変更できます。

ひらがな、全角カタカナ、全角アルファベットなどは横書き用と縦書き用のグリフを別々に作成する必要があります。 一覧はダウンロードしたファイルに同梱されている「縦書き作成必要文字一覧」をご参照ください。 縦書き用はCIDの16126〜16575(最後の部分です)に格納されます。

文字幅を変更できるのは半角文字及び上記の縦書き作成必要文字です。

縦書き時の文字高さの変更は、縦書き下端ラインを変更して行います。縦書き上端ラインは固定です。トップサイドベアリング(縦書き時の文字上端)を変更したい場合は、グリフ全体を上に移動してください。

作成したフォントの動作環境

  • Windows 7/8/8.1/10 各日本語版
  • Mac OS X 10.7 〜 macOS Catalina 10.15 各日本語版

注意事項

  • OTEdit for Windows Ver12.5.0以降、OTEdit for Mac Ver9.5.0以降で使用可能です。
  • 作成したフォントをアプリで使った場合、MS Wordなどの一部のアプリで文字¶や‖などが縦書き用グリフではなく、横書き用グリフが90度回転(または90度回転なし)で表示されてしまいます(半角文字扱い?されているようです)。
  • このファイルから作成したフォントに関しては未サポートです。
  • 作成したフォントを販売する場合はクレジット表記が必要です。無料配布の場合はクレジット表記の必要はありません。

ダウンロード

ファイルのダウンロード(ZIP圧縮)

拡張フォント

Copyright © 2015 Musashi System Inc. All Rights Reserved.