WOFFコンバータ アップデート内容

Windows版

Ver3.2.0 (2017年6月20日)

  • [WOFF2を作成する]チェックボックスを追加しました。
    WOFF2を作成するかどうかを選択できます。
  • 広告欄位置を画面の一番下にしました。

Ver3.1.0 (2017年6月15日)

  • 高DPIのディスプレイに対応しました。 但し、モニターごとのDPIには対応していません。

Ver3.0.0 (2016年7月1日)

  • WOFF2(WOFF 2.0)に対応しました。

Ver2.3.0 (2015年8月10日)

  • Windows10に正式対応しました。
    なお、動作環境からWindows 2000は除外されました。
  • 起動時のメニューを[スタート]ボタン→[すべてのプログラム]→[WOFFコンバータ]に変更しました。
    (今までは、 [スタート]ボタン→[すべてのプログラム]→[武蔵システム]→[WOFFコンバータ]でした。)

Ver2.2.0 (2012年10月16日)

  • Windows8に対応しました。
  • プログラムに電子署名を追加しました。

Ver2.10 (2012年5月14日)

  • サブセットフォントメーカーから起動できるようにしました。
  • Windows Vista/7 で特大アイコンを表示できるようにしました。
  • 特定のフォントからEOTファイルを作成すると、EOTファイルのサイズがゼロになってしまうバグを修正しました。

Ver2.00 (2011年5月12日)

  • フォントからWOFFに変換する時、メタデータを付加できるようにしました。
  • WOFFからフォントに変換する時、メタデータがあれば表示するようにしました。

Ver1.21 (2011年4月5日)

  • 画面のデザインを一部変更しました。

Ver1.20 (2011年3月18日)

  • EOT(Embedded OpenType)ファイルを圧縮フォーマットで作成するようにしました。
  • インストールはWindowsインストーラで行うようにしました。

Ver1.10 (2011年3月8日)

  • EOT(Embedded OpenType)ファイルを作成できるようにしました。
  • 変換前フォントをサンプルHTMLの@font-face srcとして追加するオプションを画面に追加しました。

Ver1.01 (2011年2月28日)

  • 画面デザインを変更しました。
  • WOFFからフォントに変換した時、不正なフォントになるバグを修正しました。

Mac版

Ver3.2.0 (2017年6月20日)

  • [WOFF2を作成する]チェックボックスを追加しました。
    WOFF2を作成するかどうかを選択できます。
  • 広告欄位置を画面の一番下にしました。

Ver3.0.0 (2016年7月1日)

  • WOFF2(WOFF 2.0)に対応しました。

Ver2.2.0 (2012年9月5日)

  • OS X 10.8 Mountain Lion におけるGateKeeperに対応しました。
  • OS X 10.4と10.5は動作環境から除外されました。

Ver2.10 (2012年6月8日)

Ver2.00 (2011年5月12日)

  • フォントからWOFFに変換する時、メタデータを付加できるようにしました。
  • WOFFからフォントに変換する時、メタデータがあれば表示するようにしました。

Ver1.10 (2011年3月8日)

  • EOT(Embedded OpenType)ファイルを作成できるようにしました。
  • 変換前フォントをサンプルHTMLの@font-face srcとして追加するオプションを画面に追加しました。
  • PowerPC プロセッサのMacでヘルプが表示できないバグを修正しました。

本文 | アップデート内容 | 使用方法

Copyright © 2015 Musashi System Inc. All Rights Reserved.