TrueTypeフォントからOpenTypeフォントへの変換方法

概要

TTEdit、手書きでフォント で作成した和文TrueTypeフォントをOpenTypeフォントへ変換する方法を説明します。

手順

以下はOTEditでの操作手順です。

  1. [ファイル]メニューの[一括コピー]コマンドを選択します。
  2. [コピー元ファイル]として、お客様が作成された和文TrueTypeフォントを選択します。
  3. [コピー先ファイル]として、存在しない新規のファイル名を設定します。
  4. [コピー元]の[すべての文字コード]がチェックされていることを確認します。
  5. [コード種別]として「Unicode」を選択します。
  6. [OK]ボタンをクリックしてコピーを開始し、終了するまで待ちます。


    一般のアプリでは、半角英数文字はCID=1〜94の文字で表示されますが、Windows版Adode Illustrator9、Illustrator10では、CID=231〜324の文字で表示されます。そのため、CID=1〜94の文字をCID=231〜324にコピーします。以下はその処理です。
  7. エクスプローラで、先ほど作成した「コピー先ファイル」を別のファイル名としてコピーします。
  8. 再度[ファイル]メニューの[一括コピー]コマンドを選択します。
  9. [コピー元ファイル]として手順7でコピーして作成したファイルを選択します。
  10. [コピー先ファイル]として、手順3と同じファイル名を指定します。
  11. ttf2otfcopycid.zipをダウンロードし、解凍してください。ファイル「TryeTypeからOpenTypeへ変換する時にOTEditで重複コピーするCID.csv」が作成されます。
  12. [CSVファイルで指定]をチェックし、ファイルに手順11で作成した「TryeTypeからOpenTypeへ変換する時にOTEditで重複コピーするCID.csv」を指定します。
  13. [OK]ボタンをクリックしてコピーを開始し、終了するまで待ちます。
  14. OTEditでコピー先のフォントファイルを開きます。
  15. [設定]メニューの[フォント情報]コマンドで、[書体名]や[拡張固有ID番号]を設定してください。
    [拡張固有ID番号]の[組織ID]はAdobeのサイトXUID registrationで取得できます。 なお、ASNウェブアカウントをお持ちでない方は最初にASNウェブアカウントを新規作成する必要があります。
  16. ファイルを保存すれば、変換は終了です。

手順11で作成したファイル「TryeTypeからOpenTypeへ変換する時にOTEditで重複コピーするCID.csv」の最後の方で、CID 97をCID 61へ、CID 97をCID 291へコピーしています。これは「\」の文字です。

Adobe-Japan1-x キャラクタセットの仕様では、CID 97は「\」ではなく、半角バックスラッシュ「\」です。

TTEditで作成したものには半角バックスラッシュがないため、「\」で代用していますが、忠実に仕様に従う場合は、半角バックスラッシュをCID 97に作成してください。

 

本文 | ご購入 | アップデート内容 | Q&A | 欧文フォント | かなフォント | ユーザ外字フォント | TTFからOTFへの変換 | マクロ | マニュアルのビデオ | 問い合わせ

Copyright © 2015 Musashi System Inc. All Rights Reserved.