IVS対応 TrueTypeフォント

UnicodeのIVS(Ideographic Variation Sequence)対応フォントです。

IVS についてはフォント入門 > 文字コードの「4. UnicodeのIVS」で解説しています。

IVSのコレクションとして Adobe-Japan1 と Hanyo-Denshi の2種類あります。ここでは両方を公開しています。

作成できる文字のUnicodeについてはこちらのファイルをダウンロード(テキストファイルをzip圧縮してあります。)してください。文字数は合計 16,115 です。

作成できる文字のUnicodeは、MS P明朝 Version 5.04 (Windows8 Developer Preview に付属)と同じです。但し、IVSは異なります。

IVS異体字の全グリフ数は、Adobe-Japan1コレクション用は 1,368 、Hanyo-Denshiコレクション用は 2,276 です。

IVS異体字を作成できる文字では、TTEditの文字一覧で左下に三角形マークが表示されます。

その三角形マークをクリックすると異体字一覧が表示されます。

異体字一覧でサンプルを表示させるためには、Windows7以上のOSを使っていて、かつ下記のフォントがパソコンにインストールされていなければなりません。

  • Adobe-Japan1コレクション用は、Adobe社のフォント「小塚明朝 Pr6N R」「小塚明朝 Pr6N M」「小塚ゴシック Pr6N R」「小塚ゴシック Pr6N M」のどれか
  • Hanyo-Denshiコレクション用は、IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が公開している「IPAmj明朝」

縦書き専用文字は、TTEdit標準で作成される縦書き専用文字とは異なり、Unicode順で下図のようになります。合計219文字です。

ダウンロードしたファイルを解凍後、TTEditで開いて編集してください。

フォントの動作環境

Windows 2000/XP/Vista/7 、Mac OS X 10.6以降 で使用できます。但し、IVSが使えるのはWindows 7、Mac OS X 10.7以降 です。アプリもIVSに対応していなければなりません。

注意事項

  • TTEdit 通常版 Ver9.0.0以降で使用可能です。
  • 古いOSで縦書きした場合、日本語であっても一部の文字は欧文として扱われ90°回転されてしまいます。これはOSの仕様です。(例. Windows XPでUnicode 31F0〜31FF の文字。)
  • このファイルから作成したフォントに関しては、障害のご報告はお受けしますが、基本的に未サポートです。

ダウンロード

ダウンロードしたファイルを解凍して作成されるファイル IVSAdobeJapan1.ttf はAdobe-Japan1コレクション用、IVSHanyoDenshi.ttf はHanyo-Denshiコレクション用です。

ダウンロード(zip圧縮)

本文 | ご購入 | アップデート内容 | Q&A | 追加用プラグインフィルタ | IPAmj明朝互換フォント | ビットマップ付フォント | 外字領域付フォント | 基本多言語面フォント | CJK統合漢字拡張Bフォント | IVS対応フォント | 第2の外字ファイル | SDK | マクロ | マニュアルのビデオ | 問い合わせ

Copyright © 2015 Musashi System Inc. All Rights Reserved.