ポイント数とドット数の関係

Microsoft Word 等のアプリケーションで文字を表示する場合、文字サイズとして指定したポイント数と、実際に表示されるフォントのドット数の関係を説明します。

今、Windowsの「画面のプロパティ」で、フォントサイズとして「小さいフォント(96DPI)」を指定しているとします。

DPIはdot per inchの略で、1インチあたりに何ドットの点を打てるかを表わす単位です。

96DPIでは、1インチ当たり96個の点を打てます。すなわち、画面上の96ドットを1インチとして扱うことになります。参考までに、1インチは25.4mmです。なお、この1インチは物理的な長さではありません。15インチのディスプレイで1024 x 768 ドット表示している場合と、17インチのディスプレイで1024 x 768 ドット表示している場合では、17インチのディスプレイの方が同じ1インチでも大きく表示されます。

1ポイントは1/72インチに相当します。(1/72は72分の1を現します。)

仮に、Microsoft Word で12ポイントの文字を表示するとします。

1ポイント=1/72インチなので、12ポイント=12/72インチになります。

画面の設定が96DPIなので、1インチは96ドットになり、12/72インチでは96×12÷72ドット=16ドットになります。

よって、12ポイントの文字は16ドットのビットマップフォントで表示されます。

Windowsの「画面のプロパティ」で、フォントサイズとして「大きなフォント(120DPI)」を指定している場合は、1インチは120ドットとして扱われるため、12ポイントの文字は、120×12÷72ドット=20ドットになります。
このようにして計算した結果を以下に示します。

  ドット数
ポイント数 小さいフォント(96DPI) 大きなフォント(120DPI)
5 6.7 8.3
6 8.0 10.0
7 9.3 11.7
8 10.7 13.3
9 12.0 15.0
10 13.3 16.7
11 14.7 18.3
12 16.0 20.0
13 17.3 21.7
14 18.7 23.3
15 20.0 25.0
16 21.3 26.7
17 22.7 28.3
18 24.0 30.0
19 25.3 31.7
20 26.7 33.3

なお、これはMicrosoft Wordでの表示倍率を100%としている時の値で、表示倍率が変わればドット数も変わります。

本文 | ご購入 | アップデート内容 | Q&A | 追加用プラグインフィルタ | IPAmj明朝互換フォント | ビットマップ付フォント | 外字領域付フォント | 基本多言語面フォント | CJK統合漢字拡張Bフォント | IVS対応フォント | 第2の外字ファイル | SDK | マクロ | マニュアルのビデオ | 問い合わせ

Copyright © 2015 Musashi System Inc. All Rights Reserved.