ストロークファイルからの自動作成

手書きフォントメーカーを使って、ストロークファイルからフォントを自動作成する方法を説明します。

  1. [編集]メニューの[オプション]コマンドを選択し、「オプション」ダイアログで、「ストロークファイルを保存する」をチェックします。
  2. 手書きフォントメーカー上で文字を描き、「実行ボタン」によりTTEditで文字を作成します。
  3. 必要なだけ文字を作成します。手書きフォントメーカーのインストール先にある「ストロークファイル」フォルダにストロークデータが格納されます。
  4. 他のペンを選択します。ユーザ定義ペンで独自のペンを作成すると面白い文字が作成できます。
  5. [ファイル]メニューの[ストロークデータから自動作成]を選択します。
  6. 「ストロークファイルから自動作成します。文字数はxxx個です。よろしいですか?」の確認メッセージが表示されるので、「はい」をクリックします。
  7. 処理中のダイアログが表示され、現在選択されているペンを使ってフォントが自動作成されます。

本文 | ご使用方法 | ストロークファイルからの
自動作成
| アップデート内容

Copyright © 2015 Musashi System Inc. All Rights Reserved.